コンテンツに進む

メールマガジンの新規購読で初回注文が10%OFFのクーポンをGET >

令和6年能登半島地震の影響による商品のお届けについて >

ORIGAMI EC site
Paper Filter[Wave]

Paper Filter[Wave]

Paper Filter[Wave]

ペーパーフィルター [ウェーブ型]
通常価格 ¥363 JPY
通常価格 セール価格 ¥363 JPY
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。

※ご購入¥5,000以上で送料無料となります。(日本国内のみ)

関連記事はこちら

「ウェーブ型」「円錐型」ペーパーフィルターの選択によるコーヒー抽出の変化とは?
「ウェーブ型」「円錐型」ペーパーフィルターの選択によるコーヒー抽出の変化とは? UNiUNi(中国 南京)バリスタ(ワールドブリュワーズカップ2019 チャンピオン) / 杜嘉宁さん 今回のゲストは、中国 南京のカフェ「UNiUNi」でバリスタとして活躍されている杜嘉宁(ドゥ・ジャーニン 以下ドゥ)さん。2019年ワールドブリュワーズカップ・ボストン大会で世界チャンピオンとなった際、ORIGAMIのドリッパーを使用いただきました。 ORIGAMIのドリッパーは、「ウェーブ型」「円錐型」2タイプのペーパーフィルターに対応しており、ドゥさんはボストン大会で優勝されたとき、ウェーブ型のペーパーを使用されました。 本インタビューでは、ORIGAMIのドリッパーと「ウェーブ型」「円錐型」それぞれのペーパーを組み合わせて使う際の抽出の変化や、使い分けのポイントについてお話を聞きました。 新型コロナウイルスの拡大によって、現在でも世界中で混乱が続いています。ドゥさんのお仕事は影響を受けましたか? 流行が最初に起こった頃、たまたまパナマに出張していたのですが、その後フランス経由で帰国するはずがフライトが何回もキャンセルされ、しばらく空港に閉じ込められていました。 その後なんとか中国に帰れまして、2週間の隔離を終え、ようやく南京の店に戻れました。 当時は中国全土がロックダウン状態で、私たちの店も1か月程営業中止になりました。 その後、徐々にテイクアウト解禁、店内飲食解禁と、今では通常営業に戻ることができましたが、ロックダウン期間中、業界が厳しい状況のなか我々は多くの同業者に対して無償でコーヒー豆を提供したり、オンライントレーニングも行いました。 これからも、困難をみんなで乗り越えなければなりませんね。 もっとも困難な場面は乗り越えられたとして、これからに向けて何か新たな目標はありますか? 店舗の営業では大きな困難があった一方で、ロックダウン期間中は、お店のEC販売が結構伸びました。 会社のほうでは、今後もEC販売、ブランドの再構築、そしてtoB卸販売のほうにもさらに力を入れる予定です。 私個人としては、コロナ禍でトレーニングの仕事(ドゥさんは「M2M COFFEE TRAINING&EDUCATION」で、さまざまなレベルのバリスタを対象にトレーナーとしても活躍)が4ヶ月ほど中断してしまった期間もありましたが、これからトレーニングの内容をもっと進化させることを目指しています。 初心者からプロバリスタまで、それぞれの層に適切な教程を開発し、そして基礎的な技術の習得後は、カップテスター、ロースター、店長、品質管理マスターなどへのキャリアアップ志向に合わせて、より特化したトレーニングを行っていきます。 このような充実したトレーニングシステムは、業界に参入したい方々にとっては非常に貴重ですね。ここからは、ORIGAMIのドリッパーと、ペーパーフィルターの話題に移りたいと思います。 ORIGAMIのドリッパーは、ウェーブ型と円錐型の2タイプのフィルターと相性よく使用できることが一つの大きなポイントです。 ORIGAMIのドリッパーを使用するとき、2種のフィルターを使うときの抽出の違いや、使い分けのポイントを教えていただけますか? 同量のコーヒー粉を入れると、ウェーブ型、円錐形の形状の違いによって、粉の層の厚さが変わります。円錐型のほうが粉層が厚くなり、ウェーブ型の方がフィルターの形状に凹凸が多いぶん、層が薄くなります。 コーヒー粉の層が薄くなるウェーブ型を使用した場合、お湯が粉層を通過する時間が短く、粉の上層と下層の抽出状態がほぼ同じになります。 これに対して、層が厚くなる円錐形を使った場合は、粉の上層と下層の抽出状態に差がでます。これはコーヒーの味に一定の変化をもたらします。...
  • twitterでshare
  • facebookでshare
  • LINEでshare
詳細を表示する
Paper Filter[Wave] Paper Filter[Wave] Paper Filter[Wave] Paper Filter[Wave] Paper Filter[Wave] Paper Filter[Wave]
商品情報にスキップ
1 5
ORIGAMIのドリッパーは、円すい型(コーン)とウェーブ型の2種類のペーパーフィルターを使用できることが特徴です。 使用するペーパーの形状の違いよって、抽出するコーヒーの味にそれぞれ変化をもたらします。 コーヒー粉の層が薄くなるウェーブ型を使用した場合、お湯が粉層を通過する時間が短く、より均一で安定した抽出ができます。

同じコーヒーでもペーパーフィルターの種類によって抽出するコーヒーの味に違いがでます。
円すい型とウェーブ型で淹れるコーヒーのそれぞれの味の違いをぜひお楽しみください。
Paper Filter[Wave]

Paper Filter[Wave]

Paper Filter[Wave]

ペーパーフィルター [ウェーブ型]
通常価格 ¥363 JPY
通常価格 セール価格 ¥363 JPY
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。

※ご購入¥5,000以上で送料無料となります。(日本国内のみ)

SKU:79222118

サイズ /"79222118",
ORIGAMIのドリッパーは、円すい型(コーン)とウェーブ型の2種類のペーパーフィルターを使用できることが特徴です。 使用するペーパーの形状の違いよって、抽出するコーヒーの味にそれぞれ変化をもたらします。 コーヒー粉の層が薄くなるウェーブ型を使用した場合、お湯が粉層を通過する時間が短く、より均一で安定した抽出ができます。

同じコーヒーでもペーパーフィルターの種類によって抽出するコーヒーの味に違いがでます。
円すい型とウェーブ型で淹れるコーヒーのそれぞれの味の違いをぜひお楽しみください。

素材

パルプ/ 日本製

サイズ・重量

1~2杯用 50枚入
2~4杯用 50枚入

配送と返品

配送
送料
<国内>
商品代¥5,000(税込)以上のご購入場合:無料
商品代¥5,000(税込)未満のご購入の場合:配送料
<海外>
送料:配送地域により異なります。カートページでご確認ください。 最短お届け日数
<国内>
お支払方法や配送地域により最短配送日が異なりますが、3営業日を目安にして下さい。
土曜・日曜・祝日が含まれる場合、休み明けからの対応となりますのでご了承下さい。
<海外>
配送地域により最短配送日が異なります。下記の国際郵便のホームページでお客様自身でご確認ください。
List of Delivery Days (EMS: Tokai) - Japan Post

お届け日指定
<国内>
3営業日以降、2週間以内で指定が可能です。
※繁忙期、天候、交通状態、地域によりお届け日時のご希望に添えない場合もございます。
予めご了承下さい。
<海外>
お届け日の指定は承っておりませんのでご了承ください。

返品
商品の不良による返品・交換の場合
ご注文された商品と違う商品が届いてしまった場合や、商品の破損・品質上の問題があった場合には、以下の手順で返品をお受けします。
1)商品到着後3日以内に、まずはメールにてお知らせください。
2)良品と返送用の送り状(代引き)をお送り致します。
3お手数ですが、誤ってお手元に届きました、不良品に関しましては着後7日以内に返送用の送り状にてご返品ください。
破損品に関しましてはお手数ですが、処分をお願いいたします。 ただし、次のいずれかに該当する場合は返品・交換をお受けできません。
・商品をご使用された場合
・納品書を紛失された場合
・商品到着後、10日を経過した場合

関連記事はこちら

「ウェーブ型」「円錐型」ペーパーフィルターの選択によるコーヒー抽出の変化とは?
「ウェーブ型」「円錐型」ペーパーフィルターの選択によるコーヒー抽出の変化とは? UNiUNi(中国 南京)バリスタ(ワールドブリュワーズカップ2019 チャンピオン) / 杜嘉宁さん 今回のゲストは、中国 南京のカフェ「UNiUNi」でバリスタとして活躍されている杜嘉宁(ドゥ・ジャーニン 以下ドゥ)さん。2019年ワールドブリュワーズカップ・ボストン大会で世界チャンピオンとなった際、ORIGAMIのドリッパーを使用いただきました。 ORIGAMIのドリッパーは、「ウェーブ型」「円錐型」2タイプのペーパーフィルターに対応しており、ドゥさんはボストン大会で優勝されたとき、ウェーブ型のペーパーを使用されました。 本インタビューでは、ORIGAMIのドリッパーと「ウェーブ型」「円錐型」それぞれのペーパーを組み合わせて使う際の抽出の変化や、使い分けのポイントについてお話を聞きました。 新型コロナウイルスの拡大によって、現在でも世界中で混乱が続いています。ドゥさんのお仕事は影響を受けましたか? 流行が最初に起こった頃、たまたまパナマに出張していたのですが、その後フランス経由で帰国するはずがフライトが何回もキャンセルされ、しばらく空港に閉じ込められていました。 その後なんとか中国に帰れまして、2週間の隔離を終え、ようやく南京の店に戻れました。 当時は中国全土がロックダウン状態で、私たちの店も1か月程営業中止になりました。 その後、徐々にテイクアウト解禁、店内飲食解禁と、今では通常営業に戻ることができましたが、ロックダウン期間中、業界が厳しい状況のなか我々は多くの同業者に対して無償でコーヒー豆を提供したり、オンライントレーニングも行いました。 これからも、困難をみんなで乗り越えなければなりませんね。 もっとも困難な場面は乗り越えられたとして、これからに向けて何か新たな目標はありますか? 店舗の営業では大きな困難があった一方で、ロックダウン期間中は、お店のEC販売が結構伸びました。 会社のほうでは、今後もEC販売、ブランドの再構築、そしてtoB卸販売のほうにもさらに力を入れる予定です。 私個人としては、コロナ禍でトレーニングの仕事(ドゥさんは「M2M COFFEE TRAINING&EDUCATION」で、さまざまなレベルのバリスタを対象にトレーナーとしても活躍)が4ヶ月ほど中断してしまった期間もありましたが、これからトレーニングの内容をもっと進化させることを目指しています。 初心者からプロバリスタまで、それぞれの層に適切な教程を開発し、そして基礎的な技術の習得後は、カップテスター、ロースター、店長、品質管理マスターなどへのキャリアアップ志向に合わせて、より特化したトレーニングを行っていきます。 このような充実したトレーニングシステムは、業界に参入したい方々にとっては非常に貴重ですね。ここからは、ORIGAMIのドリッパーと、ペーパーフィルターの話題に移りたいと思います。 ORIGAMIのドリッパーは、ウェーブ型と円錐型の2タイプのフィルターと相性よく使用できることが一つの大きなポイントです。 ORIGAMIのドリッパーを使用するとき、2種のフィルターを使うときの抽出の違いや、使い分けのポイントを教えていただけますか? 同量のコーヒー粉を入れると、ウェーブ型、円錐形の形状の違いによって、粉の層の厚さが変わります。円錐型のほうが粉層が厚くなり、ウェーブ型の方がフィルターの形状に凹凸が多いぶん、層が薄くなります。 コーヒー粉の層が薄くなるウェーブ型を使用した場合、お湯が粉層を通過する時間が短く、粉の上層と下層の抽出状態がほぼ同じになります。 これに対して、層が厚くなる円錐形を使った場合は、粉の上層と下層の抽出状態に差がでます。これはコーヒーの味に一定の変化をもたらします。...
  • twitterでshare
  • facebookでshare
  • LINEでshare
詳細を表示する

関連記事はこちら

「ウェーブ型」「円錐型」ペーパーフィルターの選択によるコーヒー抽出の変化とは?
「ウェーブ型」「円錐型」ペーパーフィルターの選択によるコーヒー抽出の変化とは? UNiUNi(中国 南京)バリスタ(ワールドブリュワーズカップ2019 チャンピオン) / 杜嘉宁さん 今回のゲストは、中国 南京のカフェ「UNiUNi」でバリスタとして活躍されている杜嘉宁(ドゥ・ジャーニン 以下ドゥ)さん。2019年ワールドブリュワーズカップ・ボストン大会で世界チャンピオンとなった際、ORIGAMIのドリッパーを使用いただきました。 ORIGAMIのドリッパーは、「ウェーブ型」「円錐型」2タイプのペーパーフィルターに対応しており、ドゥさんはボストン大会で優勝されたとき、ウェーブ型のペーパーを使用されました。 本インタビューでは、ORIGAMIのドリッパーと「ウェーブ型」「円錐型」それぞれのペーパーを組み合わせて使う際の抽出の変化や、使い分けのポイントについてお話を聞きました。 新型コロナウイルスの拡大によって、現在でも世界中で混乱が続いています。ドゥさんのお仕事は影響を受けましたか? 流行が最初に起こった頃、たまたまパナマに出張していたのですが、その後フランス経由で帰国するはずがフライトが何回もキャンセルされ、しばらく空港に閉じ込められていました。 その後なんとか中国に帰れまして、2週間の隔離を終え、ようやく南京の店に戻れました。 当時は中国全土がロックダウン状態で、私たちの店も1か月程営業中止になりました。 その後、徐々にテイクアウト解禁、店内飲食解禁と、今では通常営業に戻ることができましたが、ロックダウン期間中、業界が厳しい状況のなか我々は多くの同業者に対して無償でコーヒー豆を提供したり、オンライントレーニングも行いました。 これからも、困難をみんなで乗り越えなければなりませんね。 もっとも困難な場面は乗り越えられたとして、これからに向けて何か新たな目標はありますか? 店舗の営業では大きな困難があった一方で、ロックダウン期間中は、お店のEC販売が結構伸びました。 会社のほうでは、今後もEC販売、ブランドの再構築、そしてtoB卸販売のほうにもさらに力を入れる予定です。 私個人としては、コロナ禍でトレーニングの仕事(ドゥさんは「M2M COFFEE TRAINING&EDUCATION」で、さまざまなレベルのバリスタを対象にトレーナーとしても活躍)が4ヶ月ほど中断してしまった期間もありましたが、これからトレーニングの内容をもっと進化させることを目指しています。 初心者からプロバリスタまで、それぞれの層に適切な教程を開発し、そして基礎的な技術の習得後は、カップテスター、ロースター、店長、品質管理マスターなどへのキャリアアップ志向に合わせて、より特化したトレーニングを行っていきます。 このような充実したトレーニングシステムは、業界に参入したい方々にとっては非常に貴重ですね。ここからは、ORIGAMIのドリッパーと、ペーパーフィルターの話題に移りたいと思います。 ORIGAMIのドリッパーは、ウェーブ型と円錐型の2タイプのフィルターと相性よく使用できることが一つの大きなポイントです。 ORIGAMIのドリッパーを使用するとき、2種のフィルターを使うときの抽出の違いや、使い分けのポイントを教えていただけますか? 同量のコーヒー粉を入れると、ウェーブ型、円錐形の形状の違いによって、粉の層の厚さが変わります。円錐型のほうが粉層が厚くなり、ウェーブ型の方がフィルターの形状に凹凸が多いぶん、層が薄くなります。 コーヒー粉の層が薄くなるウェーブ型を使用した場合、お湯が粉層を通過する時間が短く、粉の上層と下層の抽出状態がほぼ同じになります。 これに対して、層が厚くなる円錐形を使った場合は、粉の上層と下層の抽出状態に差がでます。これはコーヒーの味に一定の変化をもたらします。...

メールマガジンの新規購読で
初回注文が10%OFFの
お得なクーポンをGET

Get a coupon for 10% off
your first order with
a new subscription to
our newsletter.