OTHERS 【EC limited】Dripper Stand

【EC limited】Dripper Stand

【EC limited】Dripper Stand

【EC限定】ドリッパースタンド
通常価格 ¥19,800 JPY
通常価格 セール価格 ¥19,800 JPY
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。

※ご購入¥5,000以上で送料無料となります。(日本国内のみ)

関連記事はこちら

自然豊かな地で紡がれるクラフトマンシップ。 “コーヒーが苦手な焙煎士”が生み出すギアと焙煎豆
自然豊かな地で紡がれるクラフトマンシップ。 “コーヒーが苦手な焙煎士”が生み出すギアと焙煎豆 Hayama Log Cabin Coffee コーヒー焙煎士 / 山口徹さん Instagramで、毎日コーヒーを淹れるシーンの動画や写真を投稿し、オンラインストアでは焙煎した豆や手製のアイテムを販売するHayama Log Cabin Coffee。神奈川県葉山町の自然豊かな土地でログハウスに暮らす山口徹さんが運営されています。 SNSに投稿される動画や写真も、生み出されるアイテムも。洗練された空気のなかにどこか無骨さが見え隠れして、遊び心が散りばめられていて。どれも、ログハウスの雰囲気とぴったりマッチしています。そんなHayama Log Cabin Coffeeの世界観には根強いファンがたくさんいます。 今回は、山口さんが暮らすログハウスを訪ね、コーヒーとの出会いや、Hayama Log Cabin Coffeeに込める思いについて聞きました。 コーヒーの味が苦手だった まずは、Hayama Log Cabin Coffeeを始めた経緯を教えてください。 じつは、もともとコーヒーがあまり好きではなかったんです。好きな飲み物は白湯やお茶……という感じ(笑)。以前は会社員として営業職をやっていたのですが、取引先と打ち合わせをするとなると、かならずと言っていいほどコーヒーが出てくるじゃないですか。でも、話の最中に飲むタイミングがなかなかなくて、帰り際に冷めたコーヒーを一気に飲み干すことになる。あれが、本当に苦行だったんですよ(笑)。 コーヒーが苦手だったなんて意外です……! その後、どうしてコーヒーの世界へと足を踏み入れることになったのですか? 葉山に引っ越してきたことが大きなきっかけになりましたね。以前は横浜に住んでいて、毎日営業の仕事で忙しく過ごしていました。仕事にやりがいは感じていたし、頑張れば頑張るほどお金は増えていくけれど、あるとき「どんなにお金を稼いでも、自分の好きなものにお金を使えなかったら意味がないんじゃないか」って、気づいたんです。それで会社を辞めることにして、現在はフリーでPRの仕事を手伝ったりしています。 そうやって生き方や暮らし方を見直すなかで、葉山の地に住むことを決めました。葉山といえば海というイメージがあるかもしれませんが、山や森の風景に惹かれたんですよね。さらに僕はクルマが大好きで古いJeepに乗っているのもあり、世界観がマッチするようなログハウスに住みたいな、と。 コーヒーを始めたのも、ログハウスの世界観と相性がよさそうだったから。苦手だったけれど、ちゃんとした器具と豆を買って淹れてみたら、おいしいんじゃないかって思ったんです。...
  • twitterでshare
  • facebookでshare
  • LINEでshare
詳細を表示する
【ORIGAMI公式】ドリッパースタンド 【ORIGAMI公式】ドリッパースタンド 【ORIGAMI公式】ドリッパースタンド 【ORIGAMI公式】ドリッパースタンド 【ORIGAMI公式】ドリッパースタンド 【ORIGAMI公式】ドリッパースタンド
商品情報にスキップ
1 6
※こちらの商品はEC限定販売商品です。
神奈川県の葉山でオリジナルのコーヒーギアを制作・販売されている Hayama Log Cabin Coffee 山口徹さんによる、ORIGAMI EC別注ドリッパースタンドです。
ORIGAMIドリッパーと鉄のドリッパースタンドの組み合わせをお楽しみください。
ロゴ入りの専用コットンバッグに入れてお届けします。
OTHERS 【EC limited】Dripper Stand

【EC limited】Dripper Stand

【EC limited】Dripper Stand

【EC限定】ドリッパースタンド
通常価格 ¥19,800 JPY
通常価格 セール価格 ¥19,800 JPY
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。

※ご購入¥5,000以上で送料無料となります。(日本国内のみ)

SKU:78022580

※こちらの商品はEC限定販売商品です。
神奈川県の葉山でオリジナルのコーヒーギアを制作・販売されている Hayama Log Cabin Coffee 山口徹さんによる、ORIGAMI EC別注ドリッパースタンドです。
ORIGAMIドリッパーと鉄のドリッパースタンドの組み合わせをお楽しみください。
ロゴ入りの専用コットンバッグに入れてお届けします。

素材


-必ずお読みください-
※こちらの商品は手作業で制作されているため、それぞれ風合いやサイズが若干異なる場合がございます。細かい傷いや表面に凹凸がある場合がございますが、機械生産とは違った手仕事の雰囲気をお楽しみください。
※在庫切れの場合、制作から再入荷までお時間を頂く場合がございます。

お手入れ方法

水に濡れたときはすぐに乾いた布で拭いて乾かしてください。

サイズ・重量

(約)W 205 × D178 × H180 mm
土台(支柱の内側 網目の部分):(約)W165 × D137 mm
高さ(支柱の内側下から土台の網目の部分):H 145 mm
約1.2㎏

配送と返品

配送
送料
<国内>
商品代¥5,000(税込)以上のご購入場合:無料
商品代¥5,000(税込)未満のご購入の場合:配送料
<海外>
送料:配送地域により異なります。カートページでご確認ください。 最短お届け日数
<国内>
お支払方法や配送地域により最短配送日が異なりますが、3営業日を目安にして下さい。
土曜・日曜・祝日が含まれる場合、休み明けからの対応となりますのでご了承下さい。
<海外>
配送地域により最短配送日が異なりますが、お支払い完了後から5営業日以内に発送いたします。
配送状況については、下記の国際郵便のホームページでお客様自身でご確認ください。
List of Delivery Days (EMS: Tokai) - Japan Post

お届け日指定
<国内>
3営業日以降、2週間以内で指定が可能です。
※繁忙期、天候、交通状態、地域によりお届け日時のご希望に添えない場合もございます。
予めご了承下さい。
<海外>
お届け日の指定は承っておりませんのでご了承ください。

返品
商品の不良による返品・交換の場合
ご注文された商品と違う商品が届いてしまった場合や、商品の破損・品質上の問題があった場合には、以下の手順で返品をお受けします。
1)商品到着後3日以内に、まずはメールにてお知らせください。
2)良品と返送用の送り状(代引き)をお送り致します。
3お手数ですが、誤ってお手元に届きました、不良品に関しましては着後7日以内に返送用の送り状にてご返品ください。
破損品に関しましてはお手数ですが、処分をお願いいたします。 ただし、次のいずれかに該当する場合は返品・交換をお受けできません。
・商品をご使用された場合
・納品書を紛失された場合
・商品到着後、10日を経過した場合

関連記事はこちら

自然豊かな地で紡がれるクラフトマンシップ。 “コーヒーが苦手な焙煎士”が生み出すギアと焙煎豆
自然豊かな地で紡がれるクラフトマンシップ。 “コーヒーが苦手な焙煎士”が生み出すギアと焙煎豆 Hayama Log Cabin Coffee コーヒー焙煎士 / 山口徹さん Instagramで、毎日コーヒーを淹れるシーンの動画や写真を投稿し、オンラインストアでは焙煎した豆や手製のアイテムを販売するHayama Log Cabin Coffee。神奈川県葉山町の自然豊かな土地でログハウスに暮らす山口徹さんが運営されています。 SNSに投稿される動画や写真も、生み出されるアイテムも。洗練された空気のなかにどこか無骨さが見え隠れして、遊び心が散りばめられていて。どれも、ログハウスの雰囲気とぴったりマッチしています。そんなHayama Log Cabin Coffeeの世界観には根強いファンがたくさんいます。 今回は、山口さんが暮らすログハウスを訪ね、コーヒーとの出会いや、Hayama Log Cabin Coffeeに込める思いについて聞きました。 コーヒーの味が苦手だった まずは、Hayama Log Cabin Coffeeを始めた経緯を教えてください。 じつは、もともとコーヒーがあまり好きではなかったんです。好きな飲み物は白湯やお茶……という感じ(笑)。以前は会社員として営業職をやっていたのですが、取引先と打ち合わせをするとなると、かならずと言っていいほどコーヒーが出てくるじゃないですか。でも、話の最中に飲むタイミングがなかなかなくて、帰り際に冷めたコーヒーを一気に飲み干すことになる。あれが、本当に苦行だったんですよ(笑)。 コーヒーが苦手だったなんて意外です……! その後、どうしてコーヒーの世界へと足を踏み入れることになったのですか? 葉山に引っ越してきたことが大きなきっかけになりましたね。以前は横浜に住んでいて、毎日営業の仕事で忙しく過ごしていました。仕事にやりがいは感じていたし、頑張れば頑張るほどお金は増えていくけれど、あるとき「どんなにお金を稼いでも、自分の好きなものにお金を使えなかったら意味がないんじゃないか」って、気づいたんです。それで会社を辞めることにして、現在はフリーでPRの仕事を手伝ったりしています。 そうやって生き方や暮らし方を見直すなかで、葉山の地に住むことを決めました。葉山といえば海というイメージがあるかもしれませんが、山や森の風景に惹かれたんですよね。さらに僕はクルマが大好きで古いJeepに乗っているのもあり、世界観がマッチするようなログハウスに住みたいな、と。 コーヒーを始めたのも、ログハウスの世界観と相性がよさそうだったから。苦手だったけれど、ちゃんとした器具と豆を買って淹れてみたら、おいしいんじゃないかって思ったんです。...
  • twitterでshare
  • facebookでshare
  • LINEでshare
詳細を表示する

関連記事はこちら

自然豊かな地で紡がれるクラフトマンシップ。 “コーヒーが苦手な焙煎士”が生み出すギアと焙煎豆
自然豊かな地で紡がれるクラフトマンシップ。 “コーヒーが苦手な焙煎士”が生み出すギアと焙煎豆 Hayama Log Cabin Coffee コーヒー焙煎士 / 山口徹さん Instagramで、毎日コーヒーを淹れるシーンの動画や写真を投稿し、オンラインストアでは焙煎した豆や手製のアイテムを販売するHayama Log Cabin Coffee。神奈川県葉山町の自然豊かな土地でログハウスに暮らす山口徹さんが運営されています。 SNSに投稿される動画や写真も、生み出されるアイテムも。洗練された空気のなかにどこか無骨さが見え隠れして、遊び心が散りばめられていて。どれも、ログハウスの雰囲気とぴったりマッチしています。そんなHayama Log Cabin Coffeeの世界観には根強いファンがたくさんいます。 今回は、山口さんが暮らすログハウスを訪ね、コーヒーとの出会いや、Hayama Log Cabin Coffeeに込める思いについて聞きました。 コーヒーの味が苦手だった まずは、Hayama Log Cabin Coffeeを始めた経緯を教えてください。 じつは、もともとコーヒーがあまり好きではなかったんです。好きな飲み物は白湯やお茶……という感じ(笑)。以前は会社員として営業職をやっていたのですが、取引先と打ち合わせをするとなると、かならずと言っていいほどコーヒーが出てくるじゃないですか。でも、話の最中に飲むタイミングがなかなかなくて、帰り際に冷めたコーヒーを一気に飲み干すことになる。あれが、本当に苦行だったんですよ(笑)。 コーヒーが苦手だったなんて意外です……! その後、どうしてコーヒーの世界へと足を踏み入れることになったのですか? 葉山に引っ越してきたことが大きなきっかけになりましたね。以前は横浜に住んでいて、毎日営業の仕事で忙しく過ごしていました。仕事にやりがいは感じていたし、頑張れば頑張るほどお金は増えていくけれど、あるとき「どんなにお金を稼いでも、自分の好きなものにお金を使えなかったら意味がないんじゃないか」って、気づいたんです。それで会社を辞めることにして、現在はフリーでPRの仕事を手伝ったりしています。 そうやって生き方や暮らし方を見直すなかで、葉山の地に住むことを決めました。葉山といえば海というイメージがあるかもしれませんが、山や森の風景に惹かれたんですよね。さらに僕はクルマが大好きで古いJeepに乗っているのもあり、世界観がマッチするようなログハウスに住みたいな、と。 コーヒーを始めたのも、ログハウスの世界観と相性がよさそうだったから。苦手だったけれど、ちゃんとした器具と豆を買って淹れてみたら、おいしいんじゃないかって思ったんです。...