バリスタのコーヒーレシピ vol.2

バリスタのコーヒーレシピ vol.2

Brown Sound Coffee

Style / 

2018.02.26

カフェで飲むコーヒーはカフェだけのもの。でも、家で飲むコーヒーも美味しく淹れたい。プロの技を知りたい。大好きなあのお店の、あの味に近づけたい。

コーヒー好きなら誰もが一度は悩む、自宅でのコーヒーの淹れ方をバリスタに聞きました。2人目は「Brown Sound Coffee 」の店長 息才さんです。ぜひお試しあれ。

 

息才さんの記事はこちらからご覧いただけます。 

Brown Sound Coffee
オーナー/バリスタ 息才鳩美
1992生まれ。ブルーボトルコーヒーで勤務の傍らBrown Sound Coffee でアルバイトを始める。その後、創業者の引退とともにお店を継ぐ。2代目として店長兼バリスタとして美味しいコーヒーを淹れる日々。

Brown Sound Coffee ウェブサイト 
http://brownsoundcoffee.com

私のレシピ、というかBrown Soud Coffeeのレシピですね。これは先代からほとんど変わっていません。私が惚れ込んだ味です。ご自宅でもぜひお楽しみください。

まず、豆を14g用意します。今回のレシピではエチオピアのイルガチェフェ ナチュラル。香り高い豆です。これを細挽きで挽きます。相当に細かくするので、びっくりされる方もいますが、この細かさが良いです。

コーヒーを淹れ慣れている方は、20gとか24gとか倍近い量を使って中挽きで淹れることが多いんですが、あえて細挽きにしています。細挽きだと使う豆の量が少なくて、その分多く淹れられるんです。100g買って中挽きだと5杯しか作れないものが細挽きだと10杯作れたり。すぐなくなっちゃうよりも、美味しく長く楽しんでもらえたらいいなと思っています。

まずはフィルタを濡らします。それから、挽いた豆を入れて、一気に注いでください。蒸らしは必要ありません。お湯の温度は95度。低くても90度以上を推奨しています。

注ぐ際のポイントは一貫性を保つことです。お湯を注ぐスピード、回すスピードを変えずに、均一に粉がお湯にふれるようにしてください。14gの豆で250mlのお湯を注ぎます。

はい。出来上がりです。

この豆は甘いものとよく合います。Brown Soud Coffee ではオレンジマフィンを出しています。チーズケーキもいいですね。

ミルは細挽きができるものを選んでください。ご自宅になければ、挽いたものを少しずつ買っていただくのがおすすめです。やっぱり新鮮な方が美味しいので。

【レシピまとめ】
・豆を入れずフィルターをセットしてフィルターを濡らす
・細挽き豆(14g)を入れて約250gのお湯を注ぐ(温度は95度)
・蒸らしは必要ありません
・注ぐスピード、回すスピードを変えずに均一に注ぐ
・できあがり

※水の量はサーバーの下にドリップスケールを敷いて計ります。ない場合は目分量で調整してください。

今回のレシピに使ったのは、エチオピアのイルガチェフェ ナチュラル。香りと風味が特徴の豆です。

協力:Brown Sound Coffee

加藤信吾

Kato Shingo

with Barista ! 編集長 ライター / コピーライター
ORIGAMIのブランド設計に外部パートナーとして携わるなかで、様々なバリスタと出会い、各地のスペシャルティコーヒーに感動し、気がつけば一日2杯のコーヒーが欠かせない日々を送る。
twitter:@katoshingo_

このライターの記事

PICK UP